お客様の声活用ソリューション
- 解決策 -

課題解決に必要なこと

システムだけで問題が解決するわけではありませんが、システムの問題で業務効率化が阻害されていることも多そうです。例えば、以下のようなシステムであれば、業務効率化が進み、経営への貢献も果たせそうです。

  • 入力が簡便で、過去にあった類似の問合せがすぐに参照できる
  • お客様とのマルチチャネルのやりとりが一元管理できること
  • 社内他部門との情報共有が簡単にできること
  • オペレータの作業や問合せ内容がすぐに分析できること
  • PBXやchatbot等様々な外部のシステムとの連携が可能であること
  • AI活用など、将来の技術にも追従できること
カスタマーサポートの経営貢献の実現

こうしたシステムの導入により、カスタマーサポートによる経営貢献も可能になります。
例えば、

  • 蓄積した問合せをナレッジとして社内で共有することで、問合せ対応を効率化
  • ナレッジを社外にも公開することで、お客様自身による問題解決を実現。さらに、問合せ件数の削減や、お客様の離反を防止
  • KPI(重点活動指標)の設定と定期的なモニタリングによる業務の効率化・高度化の実現
  • あらゆるチャネルのお客様とのやり取りを一元管理することによるお客様満足の向上
  • お客様の「生の声」を営業部門や開発・設計部門に共有し、製品サービスの改善や売上貢献につなげる

如何でしょうか?

単なるコールセンター業務の効率化だけではなく、お客様の声を活用した経営貢献を目指す、そのためにJSOLではSalesforce™を活用した「お客様の声活用ソリューション」によりご支援します。

本ソリューションの具体的な内容や、活用事例については次のページをご覧ください。


pagetop