品質向上促進ソリューション

これからの製造業に求められること

企業が今後5年、10年と継続していくために必要なこととは何でしょう?

それは、“継続的な収益の拡大”です。

しかしながら、昨今では顧客ニーズの高度化・多様化やグローバル競争の激化、少子高齢化に伴う労働力不足への対応が必要であり、その実現は極めて難しい状況にあります。
さらに、今日ではSDGsの推進といった社会貢献もこれからの企業には必須といえます。

では、これらを達成するために製造業に求められるものはなんでしょう?

それは
“顧客ニーズを満たした高品質な製品を低コストで製造する”ことであり、
品質保証にもそのための貢献が求められています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。

経営問題になりかねない!品質保証の問題点

既に貴社でも、高度化・多様化した顧客ニーズやグローバル競争、労働力不足への対応に向けて、新技術採用やグローバル調達・生産、モジュール化・共通部品採用などの対応を実施されているかと思います。

しかし、それにもかかわらず、

  • 新技術採用が想定外のトラブルを招いた
  • グローバル調達・生産に伴い、情報もグローバルに散在するようになった
  • 共通部品の採用で、障害の影響範囲が想定しづらくなった

といったことが起こっていませんか。

結果、製品品質が安定しなかったり、その原因究明・対策立案に今まで以上に時間がかかっているのではないでしょうか。
こうした問題は、貴社のお客様の不信・レピュテーション(評判)リスクを招くことになります。
また、調査時間の増大や頻繁な問題発生は、従業員の超過労働やコスト増加にもつながります。

 

ではなぜ、課題解決のために実施した様々な対応が、十分な効果を上げず逆に新たな課題を発生させるのでしょうか?

実際に求められる品質保証とは?

ここで改めて、製造業における品質保証に求められることを考えてみましょう。それは、

  • お客様からのクレームに迅速に対応する
  • 設計や製造に問題があった場合の原因究明、影響範囲の特定を迅速に行い、再発防止策を徹底することで、貴社の製品・サービスの品質を確保する
  • クレーム情報をはじめとしたお客様の生の声・お客様との接点の情報を企画部門や設計部門に伝えることで、既存の製品・サービスの改善、さらには新製品・新サービスの企画に反映させて売り上げに貢献する

といったように、品質の保証に留まらず、経営への貢献まで求められています
新技術の採用やグローバル調達、部品の共通化などはそのための重要な手段の一つです。

しかしながら、こうした改善も現在の業務の無駄が排除され、標準化された品質保証プロセスを前提にしなければ、いつまでも問題発生⇔対応のいたちごっこが続くと考えられます。

品質管理・保証の効率化・高度化の阻害要因

まずは現在の品質保証プロセス内でどのような非効率が問題となっているか考えてみましょう。

  • 必要な情報がどこにあるかわからない
  • 生産拠点、部門ごとに情報が管理されているので、情報収集に時間がかかる
  • 必要な情報が取れていなかった、と後になってわかって作業が二度手間になる
  • 生産拠点、委託先など関係者が多く、コミュニケーションをとるのに時間がかかる
  • 報告書作成にあたり、調査結果などをメールからの転記、二重入力の手間がかかる
  • 報告書提示の為の上席者承認手続きが紙ベースで、手続きのプロセスが見えない

 

どうでしょう?当てはまるものはありましたか?

品質管理・保証の効率化・高度化解決策

当てはまるものがあった場合、業務の無駄を排除するために

  • 8Dレポート等の標準規格を参考に、品質保証に関わる業務プロセスおよび、収集すべき情報を標準化する
  • 収集すべき情報を1か所に集約して、関係者が必要に応じ登録・参照する仕組みを構築する
  • 個々のクレームへの対応・調査が適正に行われているか?遅延がないか?を日々確認する

といった業務の効率化が必要になると考えられます。

フォード社が作成した特に自動車産業を中心に普及した品質問題解決のためのフレームワーク

品質管理・保証の効率化・高度化で実現すること

こうして無駄が排除され効率化した品質保証業務を基に、

  • 品質保証プロセスが適正に運営されているかを確認した上で、プロセスを改善するためのPDCAサイクルを実施する
  • 蓄積された過去トラブル、品質保証上の問題、お客様のナマの声・お客様との接点の情報を抽出、加工したうえで関係部署と共有する
  • 新技術の導入やグローバル生産・調達への対応、部品の共通化など、新たな取り組みをプロセスに組み込む

のような、継続的な改善活動を行うことで品質保証プロセスを高度化します。

高度化された品質保証プロセスは、下記のような企業価値への貢献につながります。

  • 顧客ニーズに沿った高品質な製品が作成できるようになることでの収益向上
  • 問合せ対応に対するコスト低減による、超過労働の削減
  • ムダな資材利用削減による、コスト低減、環境負荷低減による社会貢献

 

以上のような取り組みは、多くのデータの収集・一元管理が前提のため、システムの利活用を前提とした業務改善が必要となります。
JSOLはSalesforce(TM)を活用した製品サービス高度化ソリューションにより、貴社の品質保証プロセスの効率化・高度化の実現を支援します。

JSOLが提供する品質改善ソリューション

JSOLでは豊富な導入事例を基に、品質改善ソリューションを導入するにあたっての分析・活用のノウハウを提供し、新たな品質保証プロセスの定着化をサポートします。
また、Salesforce(TM)を活用することにより、スピーディーなソリューション導入を実現します。

ソリューション概要
ソリューション導入による効果・メリット

品質改善ソリューションの導入によって、下記のような効果・メリットをご提供致します

  • 不具合対応の見える化により抜け漏れを防止、類似例の活用による問題解決力を向上
  • 顧客接点からのクレームや障害情報が関係部門にスピーディに共有されることで、顧客対応力を向上
  • 製品ロットや仕入れ先・委託先別の不具合分析により、PDCAサイクルを高速化し、予防保全活動を推進
さらにその先へ

品質問題の発生は、残念ながらお客様からのクレーム発であることが多いのが現実です。とするならば、「お客様の声活用ソリューション」のようにお客様相談室、あるいはコンタクトセンターから、直接連携することで、“品質問題の発見・解決のスピードアップ”が図れます。

また、顧客と対面で接することの多い営業(営業高度化ソリューション)、あるいはフィールドサービス(フィールドサービス販促ソリューション)に対して、このような問題があったから関連するお客様への対応に気を付けるように、注意喚起する、あるいは、彼らが顧客接点で得た品質問題に関する情報を連携することで、上記のコンタクトセンターと同様に、発見・解決のスピードアップが図れるとともに、お客様への対応に留意することで“顧客満足の低下を防ぐ”ことも期待できます。

導入事例

pagetop