品質向上促進ソリューション
- 課題 -

これからの製造業に求められること

企業が今後5年、10年と継続していくために必要なこととは何でしょう?

それは、“継続的な収益の拡大”です。

しかしながら、昨今では顧客ニーズの高度化・多様化やグローバル競争の激化、少子高齢化に伴う労働力不足への対応が必要であり、その実現は極めて難しい状況にあります。
さらに、今日ではSDGsの推進といった社会貢献もこれからの企業には必須といえます。

では、これらを達成するために製造業に求められるものはなんでしょう?

それは
“顧客ニーズを満たした高品質な製品を低コストで製造する”ことであり、
品質保証にもそのための貢献が求められています。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。

経営問題になりかねない!品質保証の問題点

既に貴社でも、高度化・多様化した顧客ニーズやグローバル競争、労働力不足への対応に向けて、新技術採用やグローバル調達・生産、モジュール化・共通部品採用などの対応を実施されているかと思います。

しかし、それにもかかわらず、

  • 新技術採用が想定外のトラブルを招いた
  • グローバル調達・生産に伴い、情報もグローバルに散在するようになった
  • 共通部品の採用で、障害の影響範囲が想定しづらくなった

といったことが起こっていませんか。

結果、製品品質が安定しなかったり、その原因究明・対策立案に今まで以上に時間がかかっているのではないでしょうか。
こうした問題は、貴社のお客様の不信・レピュテーション(評判)リスクを招くことになります。
また、調査時間の増大や頻繁な問題発生は、従業員の超過労働やコスト増加にもつながります。

 

ではなぜ、課題解決のために実施した様々な対応が、十分な効果を上げず逆に新たな課題を発生させるのでしょうか?


pagetop