Connected Industries
ソリューション
~Salesforce~

営業・設計・生産をつなぐ
これまで製造業においては、効率的かつ安価にモノを生産をしタイムリーにお客様に製品を提供することを競争力の源泉としてきました。その中で、それを支えるシステムは各業務の最適化を追求したシステムに進化させてきました。例えば、顧客接点に最適化されたCRM、設計・開発に最適化されたPLM、生産を初めとした基幹系業務に最適化されたERPなどがそれに当たります。ただし、それぞれのシステムは分離・独立しており、そこに蓄積される情報(データ)は各システムの中での活用に留まり、結果として情報(データ)と業務が部門間で分断され業務の生産性・品質の向上を阻んでいます。
課題と解決策

業務の生産性・品質の向上を阻む「データの未活用」

各業務で蓄積された情報は、製造業の主要業務において参考すべき重要な情報(データ)が多くあるにも関わらず、各システムが分離・独立していることによって、それらを有効に活用できず、業務の生産性・品質の向上を阻む原因となります。

CRM、PLM、ERP等に蓄積された業務上必要となる情報(データ)をつなげることにより、業務の生産性および品質を向上する“Connected Industries”を実現します。

  • 営業に製品仕様が連携されないため、営業は設計部門に都度問合せる必要がある
  • お客様からのクレーム情報がサポート部門にのみ蓄積され、営業・品質・生産部門に連携されないため、過去トラをナレッジとして活用できず類似のトラブルが発生する
  • お客様からのクレーム情報を、新製品の設計・開発に活用できない
  • 営業がお客様のオーダーの進捗を確認したい時に、各部門に聞いて回る必要がある
  • 情報が整備されておらず、データの突き合わせに手間と時間がかかる

“Connected Industries”を実現し、あらゆるデータをつなぐ

  • 周辺システム(PLM、ERP等)から必要な情報を連携し、設計情報・生産情報を営業が閲覧し、問合せ工数を削減
  • クレームを分類し、必要な部門に提供してカイゼン活動につなげる
  • クレームから顧客のニーズ・ウォンツを把握し、新製品の設計・開発に活用
  • 各システムから進捗情報を連携し、営業による進捗の確認工数を削減
  • MDM(Master Data Management)を導入し、社内の共通マスタを作成し、部門を跨いで情報を見える化
  • Chatter(社内SNS)を活用して、各部門が必要な情報をリアルタイムにやりとりし、業務の効率化を促進
Point.01 PLMとの連携

製品データの源は設計情報です。設計の情報を営業と共有することで、営業から設計への問合せ工数を削減することが可能です。また、引合の仕様情報を標準化・定型化し、PLMに連携することで、抜け漏れなく伝達できます。

JSOLのPLMソリューションとは…
製品データの源は設計情報です。設計の情報を営業と共有することで、営業から設計への問合せ工数を削減することが可能です。また、引合の仕様情報を標準化・定型化し、PLMに連携することで、抜け漏れなく伝達できます。
Point.02 ERPとの連携

ERPで一元管理されている生産・販売の計画・実績を連携することで、製品の生産予実や販売予実を素早く把握可能です。また、ロットや出荷の情報を連携することで、ロットトレースを即時確認することができ、お客さまからの不具合問い合わせにも、営業やサポート部門が迅速に対応することが可能です。

JSOLのERPソリューションとは…
基幹系システムの導入には「業務理解の難しさ」と「プロジェクト推進の難しさ」があります。JSOLはSAPを中心に、豊富な導入実績に基づいた経験とノウハウが集約された、完成度の高いテンプレート「J-Model」を保有し、高度なQCDを提供しています。また、多くのプライム案件への経験をもとに、基幹系システムの導入プロジェクトを確実に成功に導きます。
Point.03 MDMとの連携

MDMを活用することで、製品の企画からアフターフォローまで、情報をつなげて管理することが可能となります。各部門でバラバラに管理していた情報は一元管理され、顧客軸、製品軸、案件軸など、あらゆる軸での分析が可能となります。JSOLではSalesforce上でマスターデータメンテナンス作業を支援するサービス「mastas」を提供しています。

JSOLのMDMソリューション「mastas」とは…
発番、申請、承認、他システムへの配信といったMDM機能をSalesforce上に構築しています。ERP等のシステム構築の知見から、マスタ統合を強力にサポートすることが可能です。

pagetop