Salesforce MDM
マスタ管理サービス

ソリューションの概要
マスタ管理サービスは、基幹システムなどのフロントシステムとしてマスタの登録/変更/削除をワークフローにて実現し、基幹システムをはじめとした各サブシステムへ集配信する、クラウドサービスです。

自社内の各システムやグループ会社に点在するマスタの一元管理を可能にし、また、権限・承認履歴を管理することによる内部統制基盤を実現します。また、多言語対応によりグローバルでの統合マスタ構築も可能です。
マスター管理サービスの特徴と提供価値
  • Point.01 各システム・グループ会社に散らばるマスタを一元管理
  • Point.02 権限・承認履歴を管理し、強力な内部統制基盤を実現
  • Point.03 多言語対応によるグローバルでの統合マスタ構築
  • Point.04 クラウドサービスとして提供、自社での運用が不要
Point.01 各システム・グループ会社に散らばるマスタを一元管理
  • マスタデータをシステム上で一元管理することで、各システム・グループ会社に散らばるマスタを整備し、全体最適なマスタ管理を実現します。
  • コードを統一することで、グローバル・グループなどの組織を跨いだ分析が可能となります。
Point.02 権限・承認履歴を管理し、強力な内部統制基盤を実現
  • 各登録担当者の閲覧権限、登録権限を制御することで、担当業務のマスタ整備に集中することが可能です。
  • 各担当者による承認機能を使用して、内部統制対応に必要な機能を提供します。
Point.03 多言語対応によるグローバルでの統合マスタ構築
  • 多言語対応により、グローバルでの統合マスタ構築が可能となります。
  • システムはクラウドベースのため、海外へのロールアウトが容易です。
Point.04 クラウドサービスとして提供、自社での運用が不要
  • クラウド基盤としてSalesforceを利用しています。マルチテナント化による巨額投資により、高性能/高信頼性/高セキュリティを担保します。
  • アプリケーションはJSOL、基盤はSalesforceが運用し、サービスとして提供するため、自社での運用が不要です。
  • 将来にわたる総コストを把握しやすく、不測のキャッシュアウトが発生するリスクを抑制することで情報システムに対する投資が適正化されます。

pagetop